スタンドオフ って、なに?

スタンドオフ(standoff)とは…

バックスのポジションのひとつです。

ひとがあつまっているばしょからでてきたボールをうけとり(スクラムハーフからパスされることがおおい)、つぎにどうするのか、いっしゅんでかんがえて、きめて、うごくポジションです。

スタンドオフの役割 ミニラグビー

↑クリックすると おおきな えが みられます。

スタンドオフが すばやくけつだんして うごくことで とくてんにつながります。

ボールを持ったまま つぎどうするのか まよっていると、あいてが はしってちかづいてきますから、とにかく つぎに どううごくのか きめるのです。

しかも、とくてんにつながる うごきをえらぶひつようがあるので、しあいちゅうはアタマもカラダも フルかいてんで おおいそがしですね(*_*;)

スタンドオフは、なかまのことを いちばんよく しっているひとです。

なかま ひとりひとりの「なにがとくい?」「どんなクセがある?」「きょうのたいちょうは?」などなど、まるで みんなのおかあさんのように ひとりひとりのことを しっているのかも しれませんね。

スタンドオフ ミニラグビー

えいごのいみは、「ラグビーのスタンドオフというポジションのこと」ですって。そのままですね。

「スタンド」と「オフ」のふたつに ことばを ぶんかいしみても イマイチいみがつながらないので、「スタンドオフ」は「スタンドオフ」ってことですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA