スクラムを おぼえよう!

スクラムの おぼえかたを かんがえたので、さんこうにしてみてください。

まず、スクラムをうえから のぞいてみるよ。

ミニラグビー スクラムをおぼえよう

こんなふうに ならんで たっているんだね。3にんと3にんが むあいあってたつ のだけれど、すこしズレて ななめになるのがポイントだね。

「ルースヘッド(loose head)」の「ルース(loose)」は、「かいほうされている、ゆるんでいる」といういみだよ。

「タイトヘッド(tight head)」の「タイト(tight)」とは、「すきまがなく、しっかりこていされた」といういみだよ。

「ヘッド(head)」とは、「あたま」といういみだね。

 

つぎは、ゆびをつかってスクラムをマネしてみるよ。

ミニラグビー スクラムをおぼえよう

3ばん・みぎプロップは、あいての1ばんと2ばんにはさまれて、しっかりこていされている「タイトヘッド」だね。スクラムのあと、すぐに うごくことが むずかしいポジションだよ。

1ばん・ひだりプロップは、だれにも はさまれていない「ルースヘッド」だね。スクラムのあと、フォワードの3にんのなかで、いちばん はやくうごきだせるポジションなんだよ。ゲームがはじまったら、すぐにスクラムからはなれて、しあいにさんかしよう!

フォワードの3にんは、ボールがスクラムからでたあと、ボールがどこにあるのか、だれがなにをしているのかが まったく わかりません。だって、ボールよりまえにいて、かおをじめんにむけているのですから、みえるはずないですもん。

ここで とてもだいじなことがあります。

それは、バックスのみんなが おおきなこえで フォワードに おしえてあげることです。

でた!」のひとことで、「ボールがスクラムハーフの て から はなれた(パスされた)。」ことがわかります。

パス!」のひとことで、「だれがボールを ほしがっているのか。」がわかります(なかまのこえをおぼえちゃおうね)。

これらのことが わかると、あいてチームが だれにむかって はしっていくのか、このあと なにをすればいいのかが フォワードに つたわります。ボールをもったひとが タックルされて たおされたときに、フォワードが すばやく たすけにいけるように、みんなで おおきなこえを だそうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA