ミニラグビーのルール -1- 反則(はんそく)

ミニラグビーには、みんなが たのしく たくましく しあいを つづけられるように、ぜんいんが まもらなければならない ルールがあります。

その1つが、反則(はんそく)をしない、ということです。

=========================================

反則(はんそく)>とは…「規則(きそく)に違反(いはん)すること」です。

「きそく」とは、みんながまもらないといけない おやくそくのことです。えいごで「ルール」と いいます。「いはん」とは「ルールをまもらない」ことです。

=========================================

ミニラグビーのはんそくは、おおきくわけると2しゅるい です。

ミニラグビー 重い反則

 

 

ミニラグビー 軽い反則

 

<はんそくにはならないけれど、いいプレーではないこと>

ミニラグビー 反則 ひっぱる

ふくを ひっぱる

 

はんそくのしゅるいは うえの え いがいにも たくさんあります。

ボールをとるために ひとが たくさんあつまると さまざまなことが どうじに おこるので、なにをしたら はんそくになるのかを しって、おたがい たのしくプレーできるように こころがけましょう。

ラグビーのルールは、ゲームをたのしくするためにかんがえられました。

ルールをりかいしてプレーすると、ラグビーがもっとたのしくなりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA