しあいのときに たつ ばしょ ~中学年~

ミニラグビーでは、しあいちゅうに たつばしょが きめられている ばめんが あります。

そんなときって、すばやく そのばしょに いどうして、ゲームが とまるじかんを みじかくしたいですよね。

よくあるばめんを ずに したので、さんこうに してください。ここに かいてある ず は、「たとえば こんなかんじ…」の ひとつです。

チームのせんりゃくによって、したの ずとは ちがうことがありますので、コーチや なかまに かくにんしましょう。

<キックオフ と トライのあと>

ミニラグビー 中学年 立ち位置 キックオフ

クリックすると おおきくなります。

まずは、しあいがはじまる「キックオフ」と、だれかが「トライしたあと」 もういちど しあいがはじめるときに たつばしょは おなじです。

ボールをもっているチーム:ボールをキックするひとがハーフウェイラインのちゅうおう(フィールドのまんなか)にたち、あとのひとは ボールをけるひとの よこか うしろにたちます。とくにきまりはないので、さくせんにしたがって たついちをきめましょう。

ボールをもっていないチーム:ハーフウェイラインから5メートルうしろ(タッチジャッジがしめす「オフサイドライン」)にたって、それよりまえにでてはいけません。それいがいは、とくに きまりは ありませんので、あいてチームの ならびかたを みて、キックされたボールが どこに とんでくるのか かんがえて、だれがどこに たつのか きめましょう。

 

<ラインアウト>

ミニラグビー 中学年 立ち位置 ラインアウト

クリックすると おおきくなります。

しあいちゅうに ボールがタッチラインのそとに でてしまったか、ボールがタッチラインに さわったときに、そのばしょで「ラインアウト」をおこないます。「ラインアウト」は、ポジションごとに たつばしょが きめられているので、すばやく そのばしょへ いどうできるように おぼえちゃってくださいね。→ラインアウトのときにたつばしょ

 

<スクラム>

ミニラグビー 中学年 立ち位置 スクラム

クリックすると おおきくなります。

かるいはんそくが おこったときに、いちど しあいのながれをとめて、はんそくがおこったばしょで「スクラム」をおこない、ふたたび しあいを はじめます。

ボールをもっている(はんそくされた)チーム:フォワードは、「プロップ・フッカー・プロップ」のじゅんばんにならんでかたをくんでたちます。スクラムハーフはボールをもって、フォワードのヨコにたちます。せなかをたたいてあいずしたら、フッカーのあしもとにボールをおきます。フッカーがあしのウラでボールをうしろにだして…(そのあいだに、スクラムハーフはフォワードのうしろへいどうする)もういちど、スクラムハーフがボールをうけとり、スタンドオフへパスします。

ボールをもっていない(はんそくした)チーム:フォワードはあいてチームのフォワードにあわせてしょうめんにたちます。バックスは、スクラムから3メートルうしろにさがって、ヨコいちれつにならびます。あいてちーむのスクラムハーフがボールをパスしたら、まえにでてすすみましょう。

スクラムのくみかたのページもさんこうにしてみてね。

 

<ペナルティキック>

ミニラグビー 中学年 立ち位置 ペナルティキック

クリックすると おおきくなります。

おもいはんそくが おこったときに、いちど しあいのながれをとめて、はんそくがおこったばしょで「ペナルティキック」をおこない、ふたたび しあいを はじめます。

ボールをもっている(はんそくされた)チーム:はんそくがあったばしょで「タップキック(ボールをじめんにおいて、てをつかわずに、あしでコツッとボールにさわること)」をして、ふたたび しあいを はじめます。キックをしないひとは、キックするひとの すこしうしろにさがって、まえにでる じゅんびをします。このとき、ボールより まえに でないように きをつけてね。

ボールをもっていない(はんそくした)チーム:はんそくをした ばしょから5メートルさがってヨコいちれつに ならびます。あいてチームがボールをキックしたら しあいさいかいです。このとき、5メートルうしろに さがっていないと「ノットファイブメートル」という はんそくになり、あいてチームが さらに 5メートルまえに すすんだばしょで ペナルティキックをすることになります(この「ノットファイブメートル」で しあいをとめる レフリーは すくないですが、はんそくなので おぼえておいてね)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA